夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

難波弘之

暮れの荻窪の街でAPJライブ

何もこのナントカ忙しいのにわざわざ・・・という感じですが。
昨夜遅く「アバター」を見に行き、一昨日にも遅くまで荻窪までAPJライブを見に行って来ました。
APJについてこのブログで書くのは初めてですので、少しご説明を。
APJというのは、難波弘之(p)水野正敏(b)池長一美(d)の3人によるピアノトリオ。APJというのは、アコースティック・プログレッシブ・ジャズを略してAPJだそうです。



素晴らしい音楽をやるのです。
プログレとジャズが好きな人にはある意味、たまらぬ要素がたくさん入っているそうです。
ただですね、このバンドの欠点(と言っても許してもらえれば)は、おしゃべりが長いこと。おしゃべりではなく正確にはMCと言うのですが。
音楽だけやってればめちゃめちゃカッコいいバンドなのに、真ん中に位置するM氏がマイクを取り上げて離しません。他のバンドでの思うようにしゃべれない「うっぷん」をこの居心地のいいバンドで一気に解き放っているのだとか。
それ程このバンドでは他のメンバーが寛容なのですな。
他のメンバー?メンバーは言わずと知れた寛容の生き字引のようなN氏とI氏。(敢えて、ここも名前は伏せます、私)

でもですね。
それなりに見回せばこのバンドの長いMCを楽しんでいるお客さんはいるのでした。ボケとツッコミ、関西芸人の血が騒ぐのかーっというMC。
その中に、獏先生の姿も。
楽しそうでなんだか幸せそうでしたよ。その夜も。
獏先生は難波弘之氏とは旧知のSF仲間です。二人とも言わば昔の熱いSF青年ですな。
難波さんの曲、「デメトラ」って、Dimension Travelerというのだそうですが、この3人の次元旅行はめちゃめちゃカッコいいですねん。
SF的要素がジャズに加わっているバンドは探してもそういません。SFオタクとジャズオタク、プログレオタクの交錯する、若いのか年なのかわからない不思議なライブでした。


09_12_281-1

 荻窪で演奏中ではなく、MC中のAPJ。


私はと言えば、それはそれはですね、いつも彼らのカッコいい音楽にひたすら夢中になっています。池長一美がにこにこして言うには今夜はロックやりましたぜ、と。
カッコいいです、はっきり言い切ってくれるその潔さ。彼はジャズの人間なんですが、ロックをやらせても抜群のリズム感で迫り来るのでした。
獏先生ともライブの後、その音楽について話したのですが、ジャズという音楽の良さはその自由性なのです。だから私は思うのですが、難しく「正統派ジャズをやるべきだ」などというものに縛られてはいけません。私がジャズが好きなのは、寛容だから。
広く深いのです、ジャズは。


その夜、難波さんのピアノも歌っていて踊っていてリズム感もあり素晴らしかった。
水野さんも一緒にリズムの上を奔ってました。ぜひ次は、ウッドベースで奔ってもらいたい。

ライブの始まりが19時半。終わったのが23時。
昨夜は初めからトーク(MC)のための時間が余分に取ってあったそうですが、それもあっという間。
一度だけでもいので、初めから終わりまで、彼らの小宇宙の音楽をビンビン突っ走ってもらいたいような気もします。
そうなるとどれだけ凄いものが見られるのでしょうか。

なんだかいいバンドです、このバンド。


09_12_281-2

 12月末、消えた庭の欅の葉。


FLIGHT FROM DENMARK  夢枕獏事務所が協賛するJAZZライブのお知らせ その2

出演ミュージシャンプロフィール  

●マグナス・ヨルト Magnus Hjorth (ピアノ) 1983年 スウェーデンLaholm生まれ。12歳の時ピアノを始める。ジャズを聴くようになったのは13歳頃から。15歳になってビッグバンドで演奏をするようになり、本格的にピアノにのめり込む。2009年コペンハーゲンRhythmic Conservatoryを卒業。スカンジナビアのジャズの中心地デンマーク・コペンハーゲンを活動拠点とし、トリオとしての活動以外にもMalene Mortensen、Bob Rockwellなどと共演。ヨーロッパ、アジア、USAなどツアーを行う。2007年国際Getxo Jazz Contestにおいて審査員賞、観客賞の最優秀ソリスト賞をダブル受賞。次世代のスカンジナビアを代表するピアニストの一人と言われている。彼のピアノの炸裂する炎のようなリズム感と独特のグルーヴ感は、私たちが抱いてきた北欧ジャズのイメージをあらたなものにしてくれるはずである。

●ぺーター・エルド Petter Eldh(ベース) 1983年 スウェーデンGothenburg生まれ。11歳でギターを始めるが、3年後Bass Fiddleに転向。マグナスと同じコペンハーゲンRyhthmic Conservatoryで学び、2009年修士号を取得。伝説のバンドDjango Batesトリオのレギュラーメンバーでもあり、また2007年には若手グループEXILのメンバーとしてYOUNG JAZZ賞を受賞。その他、Malene Mortensen Groupなど様々なジャンルで幅広く活動。コペンハーゲンの音楽シーンでは欠く事のできないミュージシャンの一人となった。彼のベースソロは豊かで弾力性のあるリズム感が特徴であり、また彼はトリオの中でも的確にサポートをし、プレイヤーをファンタスティックに扇動する。スカンジナビアが誇る次世代ベース奏者の一人である。

●池長一美 Kazumi Ikenaga (ドラムス) 1988年バークリー音楽大学の奨学生として留学。元ビル・エヴァンス・トリオのドラマー、ジョー・ハント氏の愛弟子として、在学中からボストンのジャズ・シーンで活躍。同大学のモースト・インプルーブド・パフォーマー賞を受賞。その後、滞在芸術家としてアイオワ州ルーサー大学のジャズ科講師に招かれる。北欧、ヨーロッパ、アジアのジャズ・フェスティバルに多数出演。1995年帰国後、活動拠点を東京、横浜に移し、石井彰、中牟礼貞則、難波弘之、青柳誠等多くの実力派アーティストたちと定期的に活動。2000年にはボストン在住の盟友バート・シーガーとKJBトリオを結成、既に4枚のCDがリリースされている。現在は洗足学園音楽大学で後進の指導にもあたっている。暖かく美しい音色で語りかける独自のドラミングスタイルに根強い支持者を持つ。

6月27日(土)17:30(開場17:00)〜 タカギクラヴィア松濤サロン(東京)
当日の問い合わせ先 03-3770-9610
チケット料金5000円 
全席自由 ワンドリンク付き
チケット(限定40席)は5月25日(月)発売開始します。       
―蚕蝓↓∋疚勝↓E渡暖峭罅↓た与瑤魑載の上、
下記までe-mailでお申し込み下さい。
cloud@abox3.sonet.ne.jp                          

企画制作 Cloud
協賛 STUNT RECORDS(デンマーク)/東京エムブラス/夢枕獏事務所


マグナス裏

FLIGHT FROM DENMARK 夢枕獏事務所協賛ライブのお知らせ その1

夢枕獏事務所が協賛するJAZZライブのお知らせです。

「マグナスが扉を開ける!」 夢枕獏  

 ジャズと言えば、アメリカと思っている人も多いと思うが、1960年代あたりからケニー・ドリュー、デューク・ジョーダンなどアメリカジャズ界の名プレイヤーたちが移り住むようになって以来、今やデンマークは知る人ぞ知るジャズ大国である。アメリカ生まれのジャズが、ヨーロッパクラッシックの遺伝子を取り込んで、とんでもない進化をとげたのがデンマークのジャズである。
 そのデンマークジャズ界の最先端で、あらたなファンタジーを生み出し続けているのが、弱冠25歳のスウェーデン人ジャズピアニストMagnus Hjorthである。
 今回、Magnusは “Magnus Hjorth Trio" のメンバーである、ベースプレイヤーPetter Eldhを伴っての初来日である。初めて聴いたPetterのベースソロは、深夜に庭を歩く哲学者の歩みを思わせて、アンサンブルに深みを与えている。これは天性の才能であろう。この2人の息の合った演奏に、日本から加わるのは、ドラマー池長一美。池長のドラムスには風景がある。その音は聴く者の心に色彩を紡ぎだす。こんなドラムスがあったのか。画家が絵筆で絵画を描くように池長は、ドラムスで華麗な宇宙を創造していく。池長一美がデンマークと出合い、この奇跡のセッションでどのような地平まで我々を運んでくれるのか、今から楽しみである。
 ふたつのジャズが出合い、あらたなファンタジーを創造する現場に立ち会えることを悦びたい。
                                                                                   

FLIGHT FROM DENMARK
 デンマークから新鋭ジャズピアニスト・マグナス・ヨルト初来日!!
Magnus Hjorth Trio featuring Kazumi Ikenaga
ジャパンツアー2009 6/25(木)- 6/28(日)
マグナス・ヨルト Magnus Hjorth (p) 
ぺーター・エルド Petter Eldh (b) 
池長一美 Kazumi Ikenaga (ds)

「ライブツアー日程」 
6月25日(木)20:00〜 上町63(横浜関内)
予約・問い合わせ先 045-662-7322

6月26日(金)19:30〜 お茶の水ナル(東京)
予約・問い合わせ先 03-3291-2321

6月27日(土)17:30(開場17:00)〜 タカギクラヴィア松濤サロン(東京)
当日の問い合わせ先 03-3770-9610
チケット料金5000円 
全席自由 ワンドリンク付き
チケット(限定40席)は5月25日(月)発売開始します。       
―蚕蝓↓∋疚勝↓E渡暖峭罅↓た与瑤魑載の上、下記までe-mailでお申し込み下さい。
cloud@abox3.so-net.ne.jp                          
                       
6月28日(日)19:00〜 ジェシージェイムス立川(東京)
予約・問い合わせ先 042-525-7188

企画制作 Cloud
協賛 STUNT RECORDS(デンマーク)/東京エムブラス/夢枕獏事務所


マグナス表
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
夢枕獏の新刊
陰陽師 烏天狗ノ巻 (文春e-book)
夢枕 獏
文藝春秋
2023-10-06






























陰陽師 水龍ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋
2021-08-04











JAGAE 織田信長伝奇行
夢枕獏
祥伝社
2021-06-10











怪談えほん おめん (怪談えほん 14)
夢枕 獏
岩崎書店
2021-05-19







白鯨 MOBY-DICK