・次の日の朝は、六時に起きて、十一時まで『明治大帝の密使』を書きました。

 その後、若草山へ。
左から飛鳥山から奈良、平城京、長岡京、京都まで、
この奈良盆地の大河を京都に向かって、
文明が一五〇〇年をかけて、駆け下っていったのが、
目の当たりにできます。
奈良へ行ったら、ぜひ、若草山へ。

奈良へ行くたびに、この風景を眺めています。
奈良パノラマ