夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

池長一美

本日発売

夢枕獏が応援するJAZZレーベルCloudから池長一美+ポーズランドのアルバム「Niwatazumi -にわたずみ-」が本日発売です。
http://jazz-cloud.com/blog/

にわたずみ

暮れの荻窪の街でAPJライブ

何もこのナントカ忙しいのにわざわざ・・・という感じですが。
昨夜遅く「アバター」を見に行き、一昨日にも遅くまで荻窪までAPJライブを見に行って来ました。
APJについてこのブログで書くのは初めてですので、少しご説明を。
APJというのは、難波弘之(p)水野正敏(b)池長一美(d)の3人によるピアノトリオ。APJというのは、アコースティック・プログレッシブ・ジャズを略してAPJだそうです。



素晴らしい音楽をやるのです。
プログレとジャズが好きな人にはある意味、たまらぬ要素がたくさん入っているそうです。
ただですね、このバンドの欠点(と言っても許してもらえれば)は、おしゃべりが長いこと。おしゃべりではなく正確にはMCと言うのですが。
音楽だけやってればめちゃめちゃカッコいいバンドなのに、真ん中に位置するM氏がマイクを取り上げて離しません。他のバンドでの思うようにしゃべれない「うっぷん」をこの居心地のいいバンドで一気に解き放っているのだとか。
それ程このバンドでは他のメンバーが寛容なのですな。
他のメンバー?メンバーは言わずと知れた寛容の生き字引のようなN氏とI氏。(敢えて、ここも名前は伏せます、私)

でもですね。
それなりに見回せばこのバンドの長いMCを楽しんでいるお客さんはいるのでした。ボケとツッコミ、関西芸人の血が騒ぐのかーっというMC。
その中に、獏先生の姿も。
楽しそうでなんだか幸せそうでしたよ。その夜も。
獏先生は難波弘之氏とは旧知のSF仲間です。二人とも言わば昔の熱いSF青年ですな。
難波さんの曲、「デメトラ」って、Dimension Travelerというのだそうですが、この3人の次元旅行はめちゃめちゃカッコいいですねん。
SF的要素がジャズに加わっているバンドは探してもそういません。SFオタクとジャズオタク、プログレオタクの交錯する、若いのか年なのかわからない不思議なライブでした。


09_12_281-1

 荻窪で演奏中ではなく、MC中のAPJ。


私はと言えば、それはそれはですね、いつも彼らのカッコいい音楽にひたすら夢中になっています。池長一美がにこにこして言うには今夜はロックやりましたぜ、と。
カッコいいです、はっきり言い切ってくれるその潔さ。彼はジャズの人間なんですが、ロックをやらせても抜群のリズム感で迫り来るのでした。
獏先生ともライブの後、その音楽について話したのですが、ジャズという音楽の良さはその自由性なのです。だから私は思うのですが、難しく「正統派ジャズをやるべきだ」などというものに縛られてはいけません。私がジャズが好きなのは、寛容だから。
広く深いのです、ジャズは。


その夜、難波さんのピアノも歌っていて踊っていてリズム感もあり素晴らしかった。
水野さんも一緒にリズムの上を奔ってました。ぜひ次は、ウッドベースで奔ってもらいたい。

ライブの始まりが19時半。終わったのが23時。
昨夜は初めからトーク(MC)のための時間が余分に取ってあったそうですが、それもあっという間。
一度だけでもいので、初めから終わりまで、彼らの小宇宙の音楽をビンビン突っ走ってもらいたいような気もします。
そうなるとどれだけ凄いものが見られるのでしょうか。

なんだかいいバンドです、このバンド。


09_12_281-2

 12月末、消えた庭の欅の葉。


JAPAN LIVE TOUR2009 その1

FLIGHT FROM DENMARK Magnus Hjorth trio featuring Kazumi Ikenaga 
マグナス・ヨルト・トリオ フィーチャリング 池長一美 JAZZ
JAPAN LIVE TOUR2009を無事終えることができました。
6月25日〜28日、4日間たくさんのお客様に来ていただきました。 ありがとうございました!

簡単ですが、ご報告とお礼を。

6月23日(火)午前成田着のFINNAIR便で到着。その後、浅草 寺でツアーの成功祈願。(約2名も、凶のおみくじを引いたメンバーが いました!何と幸先のよい)スタッフの一人が、凶のおみくじは結んで 凶をここに残しておくのだ、と教えてくれる。さすが年の功。
その後、上野の老舗とんかつ屋井泉で「カツ」。縁起をかついで勝つ昼 食。そこでいきなりペーターからとんかつ屋の座敷の「欄間の引き抜 き」について質問を受ける。意外なペーターの視点に驚かされるプロ デューサー、もちろん嬉しい驚き。
とにかく来日1日目、成功祈願とカツ、これだけやれば大丈夫でしょう。
その後、銀座山野楽器に行こうということになり、「突撃」する。3 階ジャズコーナーの方たちはさぞ驚かれたことでしょう。
すぐにマグナスたちの曲を店内に流してくれて、本当にありがたかった です。
私たちも皆、大喜びで記念撮影でした。皆様いろいろお世話になりまし た。ありがとうございました!

23日1
23日2


6月24日(水)簡単な前日リハーサル。音合わせで3人の柔軟さに驚 く。プロデューサーとして本当に安堵した瞬間。同時にプロのジャズ ミュージシャンの凄さに感激。なぜかというと3人は年齢も環境も音楽 の指向も違い、初めての顔合わせで、常識で考えればプロとして無謀な セッションだった。それでも合ってしまうという凄さ。それに3人の溶 け込んで行く早さ。「素晴らしい」のひと言。
その後、銀座のお鮨屋へ。マグナスの大好きなお鮨。それもVIP 待遇。清水の舞台から飛び降り状態です。プロデューサーの感謝と気合 いも込めて。
「これだけ美味しいもので接待しているんだから、明日からの演奏、ひ とつよろしゅうたのんまっせ」とは言えず、ゲストを無視し、ただひた すら美味しい魚に感激して夢中になっていた無能なプロデューサーだっ た。
その後、勢いで六本木ヒルズへ夜景見学へ。展望台の出来上がったカッ プルの多さに驚く彼ら。これが日本の若者か〜、とマグナスとペー ター。夜景見学ではなくて社会見学になり、よくない刺激を与えてし まった。STUNT RECORDSのデンマーク人プロデューサーはなぜか 大喜び。
24日1

JAPAN LIVE TOUR2009 その2

6月25日(木)お台場のガンダム経由で、横浜関内、ライブハウス上 町63へ。店の前のお蕎麦屋で気合いを入れて活動開始しました。
ここはプロデューサーお気に入りの狭いライブハウスです。来たい人だ け来ればよろしいという頑固なマスターがいます。
お酒も美味しい、地下秘密組織のようなライブバーです。

25日1


6月26日(金)お茶の水ナル 駅前の老舗ライブハウスです。雰囲気 は自ずと高まり、お客様、プレイヤー共に盛り上がり最高のライブにな りました。
アンコールのA Trainの後もアンコールが鳴り止みませんでし た。本当にありがとうございます。感謝、感謝。

26日
26日

JAPAN LIVE TOUR2009 その3

6月27日(土)松濤サロンライブ 今回のツアーで唯一、ライブハウ ス以外でのライブです。高いチケット代でいらっしゃってくださったお 客様のためにドリンク、おつまみ、それからマグナスへのインタビュー の載った小冊子を添えておもてなしさせていただきました。満席、本当 にありがとうございました。
演奏もスタインウェイでマグナスは神妙になるのかと思いきや、いつも のマグナス節炸裂してました。それにペーターのベースも炸裂です。そ れをうまく池長一美のドラムが扇動していき、これまでとは違ったライ ブになりました。より深みが増したというか。本当に、ライブは変化し 続ける知的な生物のようです。

26日2


6月28日(日)最終日 立川ジェシージェイムス 雨で始まりました が、夜ライブの終わる頃には雨も上がって。
酔っぱらって?素晴らしい声援を送って下さった某パズル会社の社長の おかげでライブは大盛り上がりでした。サンキューKさん。いつ までも若いです。
最終日のスウェーデン民謡。これは3人のこれからの方向性を示すよう な名演でした。若い25歳のマグナスとペーター、若くてアグレッシ ブ、それだけではないという素晴らしい可能性を示してくれたような演 奏。日本の池長一美に初めて彼らが日本で出合い、初めての日本の素晴 らしいオーディエンスから吸収したものは彼らにとっても計り知れない もののような気がしています。

27日

JAPAN LIVE TOUR2009 その4

マグナスもペーターも翌日29日にはデンマークに帰国し、今、コペン ハーゲンのジャズフェスのまっただ中です。
柔軟で素晴らしいプレーヤー達です。日本の滞在、演奏を心から楽しん でくれて、日本のことをrespectしてくれています。その二人の 演奏を引き出し、楽しませ、リラックスさせてくれたのは池長一美で す。演奏を引き出す名手、池長一美以外にはドラムスはあり得ませんで した。

マグナスとペーター、この二人に2月偶然コペンハーゲンの小さなライ ブハウスで出合い、今回のツアー企画になりました。一度聴いたら逃れ られない魅力を持つライブプレイヤーです。なんとか日本に、という信 じられない一念です。
ジャズという音楽は本当に自由で、こうでなくてはならないといったも のから解放されています。それこそがジャズの醍醐味です。今回の企画 もそれゆえになりたったものです。もちろん私の一念だけではなく、こ れを支えて応援してくれた素晴らしいスタッフ、友人の力もありまし た。皆に感謝、感謝です。

(すみません、6月24日の文 章のみ、独白日記のような文章になってしまいました。失礼しました。)

来ていただいたお客様。本当にありがとうございました。とてもとても 大きな拍手をいただきました。
皆様にまたどこかでお目にかかれたら幸いです。

心よりのお礼とジャズへの敬意を込めて。

Cloud Produce YOKO YONEYAMA
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
























陰陽師 水龍ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋
2021-08-04











JAGAE 織田信長伝奇行
夢枕獏
祥伝社
2021-06-10











怪談えほん おめん (怪談えほん 14)
夢枕 獏
岩崎書店
2021-05-19







白鯨 MOBY-DICK