夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

夢枕獏のエッセイ「旅の憧憬」

トラベル・ライフ

TB旅card ゴールド会員誌『Travel&Life』4月-5月号に夢枕獏のエッセイ「旅の憧憬」が掲載されています。

「みんなでバリ島じゃあ」第3回

 マイクロバスで、島内をのんびり観光であります。

みんなでバリ島 3-1
みんなでバリ島 3-2
みんなでバリ島 3-3


 すると闘鶏場があったので、さっそく車を降りて、見物です。

夢枕獏写真日記「みんなでバリ島じゃあ」第2回

みんなでバリ島 2-1

 夜の月がいい。

みんなでバリ島 2-2

みんなでバリ島 2-3

 ガネーシャもいい。

「みんなでバリ島じゃあ」第1回

 九人のメンバーで、ギアナ高地「失われた世界ツアー」をやろうと思っていたのだが、
それが中止になってしまったので、そのメンバーで、
どこか南の島へ遊びに行こうということになって、
出かけて行ったのがバリ島であります。

みんなでバリ島 1-1
みんなでバリ島 1-2
みんなでバリ島 1-3


 ホテルで、夜の食事。
 メンバーは、夢枕、遠藤、佐藤秀明、辰野勇、林家彦いち、三遊亭白鳥。



夢枕獏写真日記「みんなでバリ島じゃあ」は、
 会員制HP蓬莱宮で2009年に発表したものを
  ブログ用に再編集したものです。
   最新の夢枕獏写真日記は蓬莱宮でご覧下さい。

「空海の島」第13回 最終回

 帰りの飛行機の前に、温泉へ。


空海の島 13-1

 白鳥師匠、おしりがみえそうですぜ。


空海の島 13-2

 ぼくと彦いち師匠、足の裏を出して一枚。


夢枕獏写真日記「空海の島」は、
会員制HP蓬莱宮内の「餓狼殿」で2009年に発表したものを
ブログ用に再編集したものです。
 最新の夢枕獏写真日記は蓬莱宮でご覧下さい。

「空海の島」第12回

空海の島 12-1
空海の島 12-2空海の島 12-3

 心温まるトイレの向こうがわは、すぐ海でした。

「空海の島」第11回

空海の島 11-1
空海の島 11-2
空海の島 11-3


 こんなものもありました。
あやしい地元の神サマだったのでしょう。

「空海の島」第8回

 白鳥神社がありました。
空海の島 8

そこで、落語「時蕎麦」を奉納する白鳥師匠でした。

「空海の島」第7回

空海の島 7-1

空海の島 7-2


 近くの山の上の神社へ行ってきました。

「空海の島」第6回

空海の島 6-1

 民宿の前、

空海の島 6-2

近所の路地です。
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
夢枕獏の新刊
白鯨 MOBY-DICK