夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

新・餓狼伝

新・餓狼伝 連載情報

小説推理 2019年1月号

毎月27日発売の「小説推理」2019年1月号に夢枕獏「新・餓狼伝」連載90回〈巻ノ五 魔拳降臨編 一章 拳獣合戦 5(承前)〉が掲載されました。

誌名:小説推理 
発行所:双葉社
発行日:2018年11月27日
定価:840円(本体778円)

表紙イラストレーション:岡野賢介

新・餓狼伝、待望の最新刊!

新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場 オビ


作者:夢枕獏
書名:新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場編

目次
序章 姫川源三
一章 闇試合
二章 辰巳の龍
三章 黒い漢
四章 奇人たちの宴
五章 妖物試合
六章 菊式秘問帳
七章 サルトビ
転章 巨人族
あとがき

発行所:双葉社/フタバノベルス
2018年7月22日 第1刷発行
ISBN978-4-575-00804-3

初出:『小説推理』2015年11月号〜2017年11月号、2018年5月号
定価:本体840円+税
装画:寺田克也/装幀:高柳雅人

http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-00804-3.html

連載情報「新・餓狼伝 魔拳降臨編」

小説推理 2018年7月号


『小説推理』6月号からスタートした夢枕獏「新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編」、
7月号に序章2(承前)が掲載されました。

『小説推理』2018年7月号
グラビア
今野敏「作家生活40周年記念 思い出の地を語る!」
湊 かなえ「エドガー賞発表&授賞式レポートinNY」
発売日:5月26日発売
発行所:双葉社
特別定価:910円(本体843円)

連載情報「新・餓狼伝」

小説推理 2018年6月号

夢枕獏「新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編」が『小説推理』6月号からスタートいたしました。


『小説推理』2018年6月号
発売日:4月27日
発行所:双葉社
定価:840円(本体778円)

連載情報「新・餓狼伝」

「金はない」と、その男は言った。年のころなら、三〇代半ばといったところだ。
四章は大坂のぼったくりバーから幕を開けました!

『小説推理』2017年8月号に夢枕獏「新・餓狼伝 巻ノ四 闘人市場」連載第78回〈四章 サルトビ 1〉が掲載されています。

誌名:「小説推理」2017年8月号
発行所:双葉社
発売日:2017年6月27日
定価:910円(本体843円+税)
表紙イラスト=中川 学/表紙デザイン=bookwall

小説推理 2017年8月号

「新・餓狼伝」連載情報

小説推理 2017年6月号

表紙イラストレーション=中川学/表紙デザイン=bookwall/ロゴダザイン=風間勇人

「新・餓狼伝」連載情報

 姫川源三は、パイプ椅子に座って、両肘を両膝の上にのせ、両手を組んでいる。
 両肩に、タオルが掛かっている。
 その背後に、姫川勉が立っている。
 
双葉社の月刊小説誌『小説推理』2017年6月号に
夢枕獏「新・餓狼伝」巻ノ四 〈闘人市場編〉「三章 菊式秘聞帳 1」が掲載されています。

発行所:双葉社
発売日:2017年4月26日
定価840円(本体778円)

「新・餓狼伝」連載情報

 仰向けに倒れてゆく姫川源三の顔を、おれの右手が、真上から押さえている。
 後頭部から姫川源三の頭が落ちてゆく。
 姫川源三の体重と、おれの体重、そして速度。
 やばいぞ、これは。
 
双葉社の月刊小説誌『小説推理』2017年5月号に
夢枕獏「新・餓狼伝」巻ノ四 〈闘人市場編〉「二章 妖物試合 6(承前)・7」が掲載されています。

発行所:双葉社
発売日:2017年3月26日
定価840円(本体778円)

小説推理 2017年5月号

表紙イラストレーション=中川学/表紙デザイン=bookwall/ロゴダザイン=風間勇人


新・餓狼伝の最新刊『新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編』発売中!

「新・餓狼伝」連載情報

 おれだって、レフェリーをやってたら、こんな場合はそのまま試合続行だ。 
 姫川源三と磯村露風の闘いの行方は!

双葉社の月刊小説誌『小説推理』2017年4月号に
夢枕獏「新・餓狼伝」巻ノ四 〈闘人市場編〉「二章 妖物試合 6(承前)」が掲載されています。

発行所:双葉社
発売日:2017年2月27日
定価840円(本体778円)

小説推理 17年4月号


表紙イラストレーション=中川学/表紙デザイン=bookwall/ロゴダザイン=風間勇人


最新刊『新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編』発売中!

「新・餓狼伝」連載情報

小説推理 17年3月号

表紙イラストレーション=中川学/表紙デザイン=bookwall/ロゴダザイン=風間勇人

 それを、姫川源三は、寝技の体勢になった時、磯村露風の顔、口の周囲に塗ったのだ。
 磯村露風は、そいつを汗とともに舐めることで、体内に入れてしまったのだ。
 なんという男だ。
 
双葉社の月刊小説誌『小説推理』2017年3月号に
夢枕獏「新・餓狼伝」巻ノ四 〈闘人市場編〉「二章 妖物試合 5(承前)・6」が掲載されています。

発行所:双葉社
発売日:2017年1月26日
定価840円(本体778円)

「新・餓狼伝」連載情報

 マウントは、とられなかった。
 姫川源三は、磯村露風の胴を、両足で挟み、ガードポジションになったのである。
「お互い、照れるね。こんな格好するなんて」
 言い終えて笑った姫川源三の顔に、
 ごつん、
 と、磯村露風の右拳が打ち込まれた。
 
双葉社の月刊小説誌『小説推理』2017年1月号に
夢枕獏「新・餓狼伝」巻ノ四 〈闘人市場編〉「二章 妖物試合 4(承前)・5」が掲載されています。

発行所:双葉社
発売日:2016年12月26日
定価840円(本体778円)

最新刊『新・餓狼伝 巻ノ三 武神伝説編』発売中!
小説推理 17年2月号

表紙イラストレーション=中川学/表紙デザイン=bookwall/ロゴダザイン=風間勇人
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
夢枕獏の新刊
白鯨 MOBY-DICK