夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

小説現代

「大江戸化龍改」連載について

小説現代 2018年10月号


小説現代 2018年10月号

2018年10月1日発行
発行所:講談社
定価:1000円(本体926円)

夢枕 獏「大江戸化龍改」連載第七回が講談社『小説現代』10月号に掲載されました。
人間のふりをして紛れ込んでいるモノを狩ったり鎮めたりする「化龍改め」の活躍を描く長篇小説です。
※夢枕 獏「大江戸化龍改」は「小説現代」公式サイトで継続して連載されるそうです。
http://shousetsu-gendai.kodansha.co.jp/


「小説現代」リニューアルのお知らせ

1963年創刊した講談社「小説現代」は、10月号で一旦休刊となり、
2020年3月号(2月発売予定)でリニューアル創刊を行います。
夢枕 獏「大江戸化龍改」など、一部連載作品については、「小説現代」公式サイトで継続されます。

「大江戸化龍改」連載情報

小説現代 2018年8月号

人間のふりをして紛れ込んでいるモノを狩ったり鎮めたりする「化龍改め」の活躍を描く、夢枕 獏「大江戸化龍改」連載第五回が講談社『小説現代』八月号に掲載されました。

小説現代 2018年8月号
読み切り特集:時代小説の夏
松尾スズキ 最新長篇一挙掲載「108」
第13回 小説現代長編新人賞発表!
平成三十年八月一日発行
発行所:講談社
定価:1000円(本体926円

小説現代 2018年7月号

小説現代 2018年7月号

講談社「小説現代」7月号
読切特集 青春小説/野球VS.サッカー
表紙絵:根本 孝

夢枕 獏「大江戸化龍改(かりゅうあらため)」第四回
通称「化龍改」―― 正式には「化物龍類改」という。
そのお役目は、この世には、人ならぬものが住んでいる。
化龍改は、それらを人知れず始末するのだ。

小説現代 2018年6月号

小説現代 2018年6月号

夢枕 獏「大江戸化龍改(かりゅうあらため)」連載第三回!
通称「化龍改」―― 正式には「化物龍類改」という。
そのお役目は、この世には、人ならぬものが住んでいる。
化龍改は、それらを人知れず始末するのだ。


講談社「小説現代」6月号
青春と革命の一大叙事詩 全身全霊の物語、
960枚一挙掲載! 真藤順丈「宝島」
表紙絵:浅妻健司

小説現代 2018年4月号

小説現代 2018年4月号

講談社「小説現代」4月号
読切特集 落語小説/特別インタビュー立川談四楼
表紙絵:中川学

夢枕 獏の新連載 「大江戸化龍改(かりゅうあらため)」
この世には、人ならぬものが住んでいる。化龍改は、それらを人知れず始末する。
通称「化龍改」―― 正式には「化物龍類改」という。

連載情報「真伝・寛永御前試合」

『小説現代』2017年10月号に夢枕獏「真伝・寛永御前試合」連載第三十三回
〈二部 外道蔡 序ノ巻 冥府の使者 (二承前)〉が掲載されています。

武蔵と梅軒の死闘 どちらが果てるか。

誌名:「小説現代」2017年10月号 
表紙:寺田克也

発行所:講談社
発売日:2017年10月1日
定価:1,000円(本体926円+税)

小説現代2017年10月号

表紙・目次・扉の絵 寺田克也

連載情報「真伝・寛永御前試合」

小説現代 2017年8月号

表紙イラスト=伊藤彰剛/表紙デザイン=日下潤一+浅妻健司+赤波江春奈

『小説現代』2017年8月号に夢枕獏「真伝・寛永御前試合」連載第三十一回〈巻ノ四 月の牙(四)承前〉が掲載されています。

誌名:「小説現代」2017年8月号 
発行所:講談社
発売日:2017年8月1日
定価:1,000円(本体926円+税)

小説現代 2017年5月号

連載情報「真伝・寛永御前試合」
山賊に囲まれた毒亀新兵衛、鎖鎌を振り回す。
『小説現代』2017年5月号に夢枕獏「真伝・寛永御前試合」連載第二十八回〈巻ノ四 月の牙(三)(四)〉が掲載されています。

誌名:「小説現代」2017年5月号 
発行所:講談社
発売日:2017年4月22日
定価:1,000円(本体926円+税)

小説現代 2017年5月号

表紙イラスト=西川真以子/表紙デザイン=日下潤一+浅妻健司+赤波江春奈

連載情報「真伝・寛永御前試合」

毒亀新兵衛、人を殺すのが好きである。京から丹波にぬける街道筋で山賊をやっている。
『小説現代』2017年4月号に夢枕獏「真伝・寛永御前試合」連載第二十七回〈巻ノ四 月の牙(一)〉が掲載されています。

誌名:「小説現代」2017年4月号 
発行所:講談社
発売日:2017年3月22日
定価:1,000円(本体926円+税)

小説現代 2017年4月号


表紙イラスト=丸山誠司/表紙デザイン=日下潤一+浅妻健司+赤波江春奈

小説現代 2017年1月号

小説現代 2017年1月号

表紙イラスト=村田涼平/表紙デザイン=日下潤一+浅妻健司+赤波江春奈

新春大特集 〈決戦!忠臣蔵〉
夢枕獏「首無し幽霊」 山本一力「笹の雪」 諸田玲子「与五郎の妻」 朝井まかて「妻の一分」 葉室麟「鬼の影」 
末國善己〈日本人に愛されて三〇〇年「忠臣蔵」を読む〉

連載情報「真伝・寛永御前試合」
柳生十兵衛は、神業で瓦を割った陳元贇と試合を行うことになった。
『小説現代』2017年1月号に夢枕獏「真伝・寛永御前試合」連載第二十四回〈巻ノ三 隻眼の龍(六)承前〉が掲載されています。

誌名:「小説現代」2017年1月号 
発行所:講談社
発売日:2016年12月22日
定価:1,000円(本体926円+税)
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
夢枕獏の新刊