夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

小学館

「立原位貫挿画展」開催中

日本橋・丸善2月5日

場所:丸善日本橋店3階ギャラリー
   東京都中央区日本橋2-3-10
   東京メトロ(銀座線・丸ノ内線・東西線)「日本橋駅」B3出口
日時:本日(2月5日)から11日(火)まで、
   9時30分から20時30分(最終日は17時閉場)

夢枕獏『大江戸恐龍伝』全五巻完結記念
木版画家・立原位貫さんの作品48点(大江戸恐龍伝の挿画)を展示販売いたします。

著者・夢枕獏の直筆原稿、執筆資料も多数展示。
立原位貫さんの版木も展示されています。

明日から日本橋丸善にて「立原位貫挿画展」開催

大江戸恐龍伝サイン会

夢枕獏『大江戸恐龍伝』全五巻完結記念「立原位貫挿画展」のお知らせ

『大江戸恐龍伝』(小学館)の挿画を描いてきた木版画家・立原位貫さんの作品48点を展示販売いたします。
著者・夢枕獏の直筆原稿も展示いたします。

日時:2014年2月5日(水)から11日(火)まで
   9時30分から20時30分(最終日は17時閉場)
場所:丸善日本橋店3階ギャラリー
   東京都中央区日本橋2-3-10
   東京メトロ(銀座線・丸ノ内線・東西線)「日本橋駅」


2月8日(土)夢枕獏・立原位貫 トークショー&サイン会 決定!
構想から20年の物語を書き終えた著者と、その長期連載に48点の木版画を描きつづけた現代の浮世絵師が連載開始から完成までの想いを初めて語り合います。

日時:2014年2月8日(土)15時から16時。
場所:丸善日本橋店3階ギャラリー
定員:40名様(要予約)
お問い合わせ・予約申込み先
電話 03-6214-2001 丸善日本橋店3階ギャラリー

http://www.junkudo.co.jp/

「大江戸恐龍伝」木版画挿画

大江戸恐龍伝サイン会告知

夢枕獏「大江戸恐龍伝」の連載スタートから木版画で挿絵を担当された立原位貫さんのHPです。
展示会情報や美しい作品を観ることができます。

立原位貫オフィシャルホームページ
http://inuki-art.com/

明日発売です!

夢枕獏渾身の伝奇時代小説にして、大冒険小説ここに完結!

大江戸恐龍伝 第五巻 帯

カバー木版画・扉木版画:立原戌基/ブックデザイン:柴田尚吾


著者=夢枕獏
書名=大江戸恐龍伝 第五巻

目次
二十四章 両国にて龍の見世物大いに評判を呼ぶ語
二十五章 火鼠の一味裏働きして源内思案のしどころの語
二十六章 源内真相に迫りつつもなお気がつかざりし語
二十七章 火鼠の一味の尻尾ついに見ゆるも未だに謎深き語
二十八章 龍逃げ出して大江戸八百八町大騒ぎとなる語
二十九章 とうてつ狂龍となり 火鼠の一味この騒ぎに乗じて盗めする語
三十章  源内江戸を救わんと秘策をもちて龍を誘う語
結びの章 磋非常の人 非常の事を好み 行い是非常 何ぞ非常の死なる語

     あとがき
     参考文献

発行所:小学館
奥付発行日:2014年 2月3日
定価: 1700円(本体)+税
ISBN 978-4-09-386371-1

新刊のお知らせ「大江戸恐龍伝 第五巻」

大江戸恐龍伝 第五巻

カバー木版画・扉木版画:立原戌基/ブックデザイン:柴田尚吾

夢枕獏渾身の伝奇時代小説にして、大冒険小説ここに完結!
1月29日発売予定!

著者=夢枕獏
書名=大江戸恐龍伝 第五巻
発行所:小学館
奥付発行日:2014年 2月3日
定価: 1700円(本体)+税
ISBN 978-4-09-386371-1

「大江戸恐龍伝」第一巻から四巻発売中!

大江戸恐龍伝 第一巻 表一帯

大江戸恐龍伝 第四巻 オビ

カバー木版画・扉木版画:立原戌基/ブックデザイン:柴田尚吾

著者=夢枕獏
書名=大江戸恐龍伝 第一巻から第四巻、発売中!

三重県四日市市で『大江戸恐龍伝』全五巻出版記念講演会

大江戸恐龍伝 第一巻 表一帯

2月2日(日)に四日市市の子どもの本専門店「メーリーゴーランド」で『大江戸恐龍伝』の全五巻出版記念講演会「夢枕獏×立原位貫」が行われます。


日時:2014年2月2日(日)午後2時から
場所:三重県四日市市松本3-9-6 メーリーゴーランド3階ホール

お申し込みが必要です。
詳しくは059-351-8156 メーリーゴーランドへお問い合わせ下さい。

構想から20年の物語を書き終えた著者=夢枕獏と、その長期連載に48点の木版画を描きつづけた現代の浮世絵師=立原位貫が連載開始から完成までの想いを初めて語り合います。

立原位貫(たちはら いぬき)
1951年、名古屋生まれ。江戸時代と同じ手法、絵の具、紙を独学で研究、再現し、それらを使って真の意味での浮世絵復刻を成し遂げた画家。
江戸時代の浮世絵は「絵師」と「彫り師」と「刷り師」は分業で制作されていたのに対し、立原位貫は下絵から彫り、刷りまで全ての工程を一人で行う。

夢枕獏『大江戸恐龍伝』全五巻完結記念

夢枕獏『大江戸恐龍伝』全五巻完結記念
「立原位貫挿画展」

『大江戸恐龍伝』の挿画を描いてきた木版画家=立原位貫さんの作品48点を、
展示販売いたします。
著者・夢枕獏の直筆原稿も展示いたします。

日時:2014年2月5日(水)から11日(火)
   9時30分から20時30分(最終日は17時閉場)
場所:丸善日本橋店3階ギャラリー
   東京都中央区日本橋2-3-10

『大江戸恐龍伝』第五巻は1月29日(水)発売です。

2月8日(土)夢枕獏・立原位貫 トークショー&サイン会 決定!
構想から20年の物語を書き終えた著者と、
その長期連載に48点の木版画を描きつづけた現代の浮世絵師が
連載開始から完成までの想いを初めて語り合います。

日時:2014年2月8日(土)15時から16時。
場所:丸善日本橋店3階ギャラリー
定員:40名様(要予約)
お問い合わせ・予約申込み先
電話 03-6214-2001 丸善日本橋店3階ギャラリー

大江戸恐龍伝サイン会

新刊のお知らせ「大江戸恐龍伝 第四巻」

大江戸恐龍伝 第四巻 オビ

カバー木版画・扉木版画:立原戌基/ブックデザイン:柴田尚吾

著者=夢枕獏
書名=大江戸恐龍伝 第四巻

目次

 十九章  源内謎の島に上陸しついに龍に遭遇する語
 二十章  源内海神宮に行きて後黄金を見ておおいにびっくりする語
二十一章  源内蓬莱島の由来を神女より聴きてたまがりし語
二十二章  源内(外字)の謎を解きて方丈国に向かう語
二十三章  源内望郷の念あらたにして江戸にもの狂いする語

  全巻 目次

発行所:小学館
奥付発行日:2013年 12月30日
定価: 1700円(本体)+税
ISBN 978-4-09-386370-4

発売中!

大江戸恐龍伝 第一巻 表一帯

大江戸恐龍伝 第二巻 表一帯

大江戸恐龍伝 第三巻 オビ付

カバー木版画・扉木版画:立原戌基/ブックデザイン:柴田尚吾


夢枕獏『大江戸恐龍伝』第一巻、第二巻、第三巻まで発売中。
第四巻は一二月下旬、第五巻は一月発売です。
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
























陰陽師 水龍ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋
2021-08-04











JAGAE 織田信長伝奇行
夢枕獏
祥伝社
2021-06-10











怪談えほん おめん (怪談えほん 14)
夢枕 獏
岩崎書店
2021-05-19







白鯨 MOBY-DICK