夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

宿神

連載情報「宿神」

夢枕獏の長編時代小説「宿神」は朝日新聞での連載を終え、
現在は朝日新聞社出版の月刊誌『一冊の本』での連載がつづいています。

『一冊の本』2011年2月号には、『宿神』連載第三十四回
【巻の十四】熾火(おきび)が掲載されています。

一冊の本11年2月号

朝日新聞出版『一冊の本』2月号
発行:2011年2月1日
発行所:朝日新聞出版
定価:100円(本体95円)

連載情報「宿神」

夢枕獏の長編時代小説「宿神」は朝日新聞での連載を終え、
現在は朝日新聞社出版の月刊誌『一冊の本』での連載がつづいています。

『一冊の本』2011年1月号には、『宿神』第三十三回【巻の十三】双月記が掲載されています。

一冊の本11年1月号


朝日新聞出版『一冊の本』1月号
発行:201年1月1日
発行所:朝日新聞出版
定価:100円(本体95円)

「鎌倉の花見」第七回 最終回

鎌倉の花見7-2
鎌倉の花見7-1

 料理の後は、ブルース男、飯野さんの「かんから三味線」によるコンサート。
ワインを飲みながらの贅沢な時間であります。

    夢枕獏写真日記「鎌倉の花見」了

 夢枕獏写真日記「鎌倉の花見」は、
会員制HP蓬莱宮で2009年に発表したものを
ブログ用に再編集したものです。
 最新の夢枕獏写真日記は蓬莱宮でご覧下さい。

夢枕獏「鎌倉の花見」第六回

鎌倉の花見6-2


 江の電の線路に近い、こじゃれたフランス料理屋へ。
おししいです。

鎌倉の花見6-1

「鎌倉の花見」第五回

鎌倉の花見5-1
鎌倉の花見5-2

 早春の花が、あちこちの寺に咲いていました。

「鎌倉の花見」第四回

鎌倉の花見4-2
鎌倉の花見4-1

 ヒトリシズカが咲いています。
わが家にもあったのですが、いつの間にか枯れてしまったようです。

「鎌倉の花見」第三回

鎌倉の花見3-1
鎌倉の花見3-2

 花には少し早い時期でしたが、人が少なくて、
なかなかよいです。

「鎌倉の花見」第二回

鎌倉の花見2-1
鎌倉の花見2-2
鎌倉の花見2-3

 飯野さんは、鎌倉に住んでいて、
以前から遊びにお出でと誘われていたのです。

連載情報「宿神」

夢枕獏の長編小説「宿神」は朝日新聞での連載を終え、
現在は朝日新聞社出版の月刊誌『一冊の本』での連載がつづいています。

同誌の2010年12月号には、宿神 第三十二回【巻の十三】双月記が掲載されています。

一冊の本10年12月号

朝日新聞出版『一冊の本』12月号
発行:2010年12月1日
発行所:朝日新聞出版
定価:100円(本体95円)
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
























陰陽師 水龍ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋
2021-08-04











JAGAE 織田信長伝奇行
夢枕獏
祥伝社
2021-06-10











怪談えほん おめん (怪談えほん 14)
夢枕 獏
岩崎書店
2021-05-19







白鯨 MOBY-DICK