大阪の国立民族博物館で開催される企画展「チベット ポン教の神がみ」に関連しておこなわれる研究公演「ポン教の本質を探る」に夢枕獏が参加いたします。

研究公演「ポン教の本質を探る」
ツルティム・テンジン(ポン教学僧) × 夢枕 獏(作家)
司会解説:長野 泰彦(民博教授)
ポン教はチベットの修験道ともいわれ、チベット宗教文化の基盤をなすものです。

日 時: 2009年4月26日(日)
13:00〜14:30(開場12:30〜)
会 場: 国立民族学博物館 講堂(大阪)
定 員: 450名 要申込・先着順 参加費無料
主 催: 国立民族学博物館 財団法人千里文化財団
申込方法:往復ハガキか電子メールに限り財団法人千里文化財団 事業部で受け付けています。
「4月26日研究公演」と明記の上、(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名、(4)連絡先電話番号を記載し、往復ハガキか電子メールにてお申し込みください。2名様以上でお申し込みの場合は、それぞれの方の(1)〜(4)を必ず明記してください。応募者多数の場合はご参加いただけない場合もあります。

※参加申込をいただいた方の個人情報は、参加証の発送にご使用いたします。
注意事項
・会場には必ず参加証をご持参ください。
・参加証がない方は会場にははいれませんのでご注意ください。
申込先: 財団法人千里文化財団 事業部
〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1
e-mail bon@senri-f.or.jp


企画展「チベット ポン教の神がみ」の会期は、2009年4月23日(木)〜7月21日(火)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週水曜日
ただし4月29日(水・祝)・5月6日(水・祝)は開館、4月30日(木)・5月7日(木)が休館。


なお、詳しくは次のサイトをご覧下さい。

http://www.senri-f.or.jp/tibet_bon/
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/tibet/


みんぱく