夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

夢枕獏 新刊情報

新刊『神々の山嶺』スピンオフ短篇が文庫初収録!

角川文庫 呼ぶ山 オビ

カバーイラスト:上野幸男 カバーデザイン:大原由衣

山の美しさ恐ろしさ妖しさに満ちた短篇集!

著者:夢枕獏
書名:呼ぶ山 夢枕獏山岳小説集
目次
深山幻想譚(しんざんげんそうたん)
呼ぶ山
山を生んだ男
ことろの首
霧幻彷徨記(むげんほうこうき)
鳥葬の山
髑髏盃(カパーラ)
歓喜月の孔雀舞(かんきづきのパヴァーヌ)

あとがき
解説 大倉貴之
収録作品の初出及び掲載記録

発行:KADOKAWA (角川文庫)
奥付発行日:2016年2月25日
ISBN978-4-04-103805-5
定価=本体720円+税
本書は2012年4月にメディアファクトリーより刊行された『呼ぶ山 夢枕獏山岳短篇集』を改題、一部加筆の上、文庫化したものです。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321509000154

自著を語る 夢枕獏事「大江戸恐龍伝」全6巻

小学館の月刊誌『本の窓』2月号「自著を語る」で夢枕獏が「物語は長きをもって肯とせよ」と題して自著「大江戸恐龍伝」について、次のように述べております。

 平賀源内・恐龍・中国古代史・宝探し――こういう物語が好きな人は、もうたまりませにんよ。
 長くて悪いか。もちろん、いいのである。

夢枕獏事務所(中)

『本の窓』2月号
発行日:2016年1月20日
発行所:小学館
定価:100円(本体93円)

本の窓 2016年2月号

表紙画:寺門孝之「植木等夢舟」

大江戸恐龍伝 文庫判 完結!

「こ、これが龍か!?」田沼意次が言った。
そうだ、これが龍だ。怖く、凶暴で、巨大だ。そして美しい…… 
夢枕獏の伝奇時代小説「大江戸恐龍伝」小学館文庫全6巻発売中!

文庫判 大江戸恐龍伝 6 

カバー画:寺田克也

新刊のお知らせ「大江戸恐龍伝 四」

文庫判 大江戸恐龍伝 4 オビ

カバー画:寺田克也・扉木版画:立原戌基/ブックデザイン:柴田尚吾

琉球で出会った、自称江戸学者の老人・牧志朝典の案内で、秘密の祭りを覗き見た源内。そこで神女(ノロ)から、古の言い伝えを聞くことになる。
深まる謎を抱えてニルヤカナヤを目指す源内一行は、海上で大嵐に見舞われ、命がけの航海の後にやっとニルカナヤと思われる島に辿り着いた。
上陸し海辺で一夜を過ごした源内たちは、突然見たたこともない巨大な龍に襲われ、三人の水夫が食われてしまった。
ここは本当に黄金の島ニルヤカナヤなのか?
源内は、黄金を、龍を、江戸へ連れ帰ることができるのか!
三巻、四巻同時発売! 

夢枕獏『大江戸恐龍伝 四』
目次
十七章 盲目の神女のことなど物語する語

十八章 ゑれき丸嵐をついてニルヤカナヤに到着する語

十九章 源内謎の島に上陸しついに龍に遭遇する語

二十章 源内海神宮に行きて後黄金を見ておおいにびっくりする語

二十一章 源内蓬莱島の由来を神女より聴きてたまがりし語


発行所:小学館
奥付発行日:2015年 12月13日
定価: 670円(本体)+税
ISBN 978-4-09-406245-8

http://www.shogakukan.co.jp/books/09406245

※本書は、2013年11月〜2014年2月に、小学館より刊行された同名作品第一巻〜第五巻を、全
六巻に再編集し文庫化したものです。

※文庫判「大江戸恐龍伝」全六巻  第五巻、第六巻は2016年1月4日刊行予定。

新刊のお知らせ「大江戸恐龍伝 三」

文庫判 大江戸恐龍伝 3 オビ

カバー画:寺田克也・扉木版画:立原戌基/ブックデザイン:柴田尚吾

江戸へ戻った平賀源内は、越後屋の主人・三津井庄右衛門から、船が難破し漂着した南の島に息子を探しにいってほしいと依頼される。
唯一その島から帰還した水夫・弥太郎が言うには、源内が向かうべきその島「ニルヤカナヤ」は龍が棲む黄金の島だという。
源内は、和蘭陀、唐、日本、三つの国の船の特徴を持った船――三国船と呼ぶしかない船「ゑれき丸」を完成させ、まずは江戸を立ち琉球へ向かった。
いよいよ核心に島へ、源内が迫る、三巻、四巻同時発売! 

夢枕獏『大江戸恐龍伝 三』
目次

十一章 源内幕府を大いにたぶらかし
    巨大なる船を造らんとする語

十二章 火鼠の一味暗躍して
    源内若き平蔵と再会する語

十三章 盗賊ながら天晴れの覚悟あるも
    龍の骨のさらなる不思議の語

十四章 源内龍宮お柱が珊瑚ではなく黄金でできているのを知る語

十五章 源内三国船ゑれき丸の乗りて琉球までゆく語

十六章 源内琉球の精霊マユガナシーに出会う語

発行所:小学館
奥付発行日:2015年 12月13日
定価: 670円(本体)+税
ISBN 978-4-09-406244-1

http://www.shogakukan.co.jp/books/09406244

※本書は、2013年11月〜2014年2月に、小学館より刊行された同名作品第一巻〜第五巻を、全
六巻に再編集し文庫化したものです。

※文庫判「大江戸恐龍伝」全六巻  第五巻、第六巻は2016年1月4日刊行予定。

新刊のお知らせ「キマイラ11 明王変」

キマイラ11 明王変

カバーイラスト:寺田克也/カバーデザイン:シマダヒデアキ

キマイラを巡る血ぬられた歴史と伝説が明らかになる、奇想天外なキマイラ第11巻!
11月20日にほとんどの書店店頭に並ぶと思われます。


著者:夢枕獏
書名:『キマイラ11 明王変』

目次

序章       
一章 青龍の宴(にえ)  
二章 ルシフェルの座
三章 赤須子(せきしゅし)
四章 外道の王
転章
あとがき

発行:朝日新聞社
発売:朝日新聞出版 ソノラマノベルス
奥付発行日:2014年9月30日
ISBN978-4-02-276014-2
新書判並製   本書は、『一冊の本』(2014年8月号より2015年10月号)での連載されたものに、加筆修正しました。

カバーイラスト:寺田克也/カバーデザイン:シマダヒデアキ

新刊のお知らせ「大江戸恐龍伝 二」

文庫判 大江戸恐龍伝 2 オビ

カバー画:寺田克也/カバーデザイン:柴田尚吾

著者=夢枕獏
書名=大江戸恐龍伝 二

目次

三章 源内江戸に戻りて奇態なる貝に遭遇し
   ゑれきてるを修理なさんとする語

四章 源内長崎屋にて
   ツンベルクと龍問答いたす語

五章 源内お吟と寝物語して
   琉球博士・田村元雄よりおもろの話を聴く語

六章 源内大いに飲み酔いつぶれて
   ゑれきてるを修理なす語

七章 源内ゑれきてるにて世間を驚かせ
   琉球文字を解読する語

八章 源内琉球文字を解読して、
   仰天する語

九章 有野作之進書きたる奇態の物語
   現代語訳の語

十章 思案の源内三井庄右衛門の
   話を聴きて心騒ぐ語

発行所:小学館
奥付発行日:2015年 11月11日
定価: 670円+税
ISBN 978-4-09-406230-4

※本書は、2013年11月〜2014年2月に、小学館より刊行された同名作品第一巻〜第五巻を、全※
六巻に再編集し文庫化したものです。

※文庫判「大江戸恐龍伝」三、四は2015年12月8日刊行予定。五、六は2016年1月初旬刊行予定。

10月10日発売『よりぬき陰陽師』

文春文庫 よりぬき陰陽師 


平安の人と鬼と闇を描いて愛される「陰陽師」シリーズ、とうとう100話を超えました!
本書は記念の文庫オリジナル傑作選。
池井戸潤、白石加代子、東雅夫、村上豊、渡辺真理各氏による、新旧粒よりの五篇、対談、エッセイ付。

書名:
よりぬき陰陽師
目次
第一話 瘤取り晴明
  ― 絵になる文章 村上豊
第二話 月突法師
  ― 余白の妙 渡辺真理
第三話 首
  ― 「百物語」と『陰陽師』 白石加代子
第四話 桃園の柱の穴より児の手の人を招くこと
  ― 王朝怪異譚の一大絵巻として 東雅夫
第五話 銅酒を飲む女 推薦者 池井戸潤

対談 物語が動き始める瞬間
夢枕獏×池井戸潤
あとがき
「陰陽師」作品リスト
 

発行所:文藝春秋 文春文庫
奥付発行日:2015年10月10日
定価:本体540円(税別)
ISBN978-4-16-790464-7

夢枕獏『陰陽師 鼻の上人』9月30日発売

陰陽師 鼻の上人

題字・装画=村上豊/装丁=加藤愛子

記念すべき「陰陽師」百本目を寿ぐ絵物語。
怖くて、可笑しくて、愛おしい!
フルカラー絵物語第四弾、本日発売! 


著者:
夢枕獏=文
村上豊=絵
書名:陰陽師 鼻の上人

「鼻の上人」初出「オール讀物」2015年4月号

あとがき 夢枕獏
あとがき 村上豊

題字・装画=村上豊
装丁=加藤愛子
 

発行所:文藝春秋 
奥付発行日:2015年9月30日
定価:本体1200円(税別)
ISBN978-4-16-390311-8

本日発売!

徳間文庫 キマイラ天龍変 オビ

徳間文庫から『闇狩り師 キマイラ天龍変』が本日発売です!

発行所:徳間書店(徳間文庫)
奥付発行日:2015年8月15日
ISBN978-4-19-894002-7
定価:本体880円+税

本書は徳間書店リュウコミックスとして刊行された『闇狩り師 キマイラ天龍変 1』(2010年2月刊)と『闇狩り師 キマイラ天龍変 2』(2010年6月)を合本としました。

カバーイラスト:伊藤勢/カバーデザイン:G.HIGH

http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198940027
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
夢枕獏の新刊
陰陽師 烏天狗ノ巻 (文春e-book)
夢枕 獏
文藝春秋
2023-10-06






























陰陽師 水龍ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋
2021-08-04











JAGAE 織田信長伝奇行
夢枕獏
祥伝社
2021-06-10











怪談えほん おめん (怪談えほん 14)
夢枕 獏
岩崎書店
2021-05-19







白鯨 MOBY-DICK