夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

2010年07月

陰陽師シリーズ最新作

『オール讀物』8月号に陰陽師シリーズの
最新作「陰陽師 犬聖(いぬひじり)」が掲載されています。

オール讀賣2010年8月号


『オール讀物』2010年8月号
直木賞作家競演
京都の魔力

発行所:文藝春秋
2010年8月1日発行発行
定価:880円(本体838円)

「カナダキャンベルリバー」第11回

カナダキャンベルリバー_11-1

カナダキャンベルリバー_11-2

カナダキャンベルリバー_11-3


 ただただ、ひたすら待つ釣りであります。

連載情報「大江戸釣客伝」

夢枕獏は『小説現代』に「大江戸釣客伝」を連載中です。
2010年8月号には、大江戸釣客伝 〈第三十五回 巻の十九 討ち入り〉が掲載されています。

 津軽采女は赤穂浪士による襲撃を受けた義父吉良上野介の邸を訪ねるが…。

月刊小説現代2010年8月号

『小説現代』7月号 
〈特集 ダメな人たち〉
発行:2010年8月1日
発行所:講談社
定価:940円(本体895円)

「カナダキャンベルリバー」第10回

カナダキャンベルリバー_10-1

カナダキャンベルリバー_10-2

カナダキャンベルリバー_10-3

 海のサーモンがダメだったので、もう一度挑戦です。
気合いを入れて出発したものの、ゼロ匹でした。

「カナダキャンベルリバー」第9回

カナダキャンベルリバー_9

 林家彦いちさんも、後からやってきて合流です。

連載情報「大江戸恐龍伝」

夢枕獏は『本の窓』に「大江戸恐龍伝」を連載しています。
2010年8月号には、「大江戸恐龍伝」第八十一回 

〈二十二章 源内●の謎を解きて方丈国(ほうじょうこく)に至る語(こと)〉●の部分は作字のため表示できません。

が掲載されています。


月刊本の窓2010年8月号

小学館『本の窓』8月号 特集/散歩日和
発行:2010年7月20日
発行所:小学館
定価:100円(本体95円)

夢見つつ睡蓮の音を描いてみるのだ

瀬戸内海の直島にあるモネの睡蓮。
自然光を取り入れた展示室の睡蓮は、時間によって、見る角度によっても変化していきます。だから何度訪れても印象が変わる。
直島には睡蓮の咲く池もありました。

睡蓮という文字を見る度、睡蓮という花に出会う度、いつか「睡蓮の音」というようなものを作ってみたいなあと思う。
水の跳ねる音や葉の緑にあたる光の具合。
睡蓮の花の色の軽やかな美しさ。
モネが庭の睡蓮に魅せられていろいろな色で描き続けたようにいつか私もいろいろな音で「睡蓮の音」を描いてみたい。
水の庭に浮かぶ軽やかな睡蓮のような音。CDを再現する度に印象が変わるような音。
睡蓮ーsui-renーという言葉自体の持つ音の魅力も相まってこの時期になるといつもそう思うのです。



今回、コペンハーゲンで録音してきた音は、睡蓮の音ではないけれど・・・
新しいアルバムに収録予定の曲。
これを初めて聴いた時に、まるで宇宙をみるような錯覚に陥ってしまいました。
スタジオ録音でこれほどまでに空間を感じることの出来る音ができるなんて。
睡蓮も宇宙もそれはイメージの上での幻でしかなく、全く主観的なことかもしれないですが、少し嬉しかったのです。
その音に出会えた時は、なぜか本当にホッとしました。

音楽には空間が必要です。
間を感じることのできる音を録る、それはやはりエンジニアの腕なのかもしれません。
前回のアルバム『Someday.Live in Japan』を録ったワンポイント録音の名手であるエンジニア五島さんとの出会いも素晴らしい出会いでしたが、今回のコペンハーゲンのエンジニアとの出会いも私にはかなり衝撃的です。

さてその日本で行った方の「ワンポイント録音」です。
今回の5月のライブ(マグナス・ヨルトの来日ライブ)もこの方法で録音しました。
その新宿ピットインでのライブ映像をCloudがYou Tubeにアップしました。

音はDCマイクロホンを使ったワンポイント録音で録った未加工音です。
画面では少しわかりにくいですが、ピアノとベースの前辺りのところに小さなマイクが設置されています。
この一点のみで録音するからワンポイント録音といいます。
そのため、「Lacrima Lake」の始めのドラムスの静かなシンバル音はほとんど聴こえません。
でもよく聴くとかすかに遠くで音が鳴っているのがわかると思います。
これがワンポイント録音です。
一部のオーディオファンに大変に支持されつつある、空間を感じることができると言われる音です。

「Lacrima Lake」はマグナス・ヨルト作曲の新曲。
涙を意味するラテン語のLacrima。それで落涙の湖。
お釈迦様の涙がこぼれて湖になって、そこに美しく睡蓮が咲いている〜
なんてイメージをくっつけるのは私だけ、ですな。




昨夜、湘南のパブで

昨日、梅雨明けの美しい雲の広がる夕方、湘南電車に乗り、海沿いの街へ。
英語とジャズ繋がりで(?)漫画家の松本大洋さんとお会いしてきました。

うーむ、松本氏は素晴らしい感性の持ち主の方でした。
もっともっとお話しを聞きたかったのですが、日本語のわからない英国人も一緒だったので基本的には英語での会話だったのです。英語と日本語の飛び交う不思議な会合。
私の限られた英語力では詳しい文化の話ができません!
でも出来ないなりに大いに盛り上がり、楽しい夜になりました。

私は漫画はあまり読まない方なのです。が、彼の『鉄コン筋クリート』は面白かった!何気なく読み始めた本でしたが、一気に引き込まれていました。
不思議な世界観とせつない人物観が、独特なタッチの紙の上で繰り返し私を魅了した素晴らしい作品です。


2010_07_17-1

うちにある豆皿の行水の図。夏が来れば行水。


それにしてもパブの食事って美味しい。
何気ないポテト、何気ないフライ。なのになぜあんなにビールによく合うのだろう。ポテトに振りかけて食べたあのイギリス製のお酢は何と言うのだろう。
薦められて飲んだOld Speckled Hen。
柔らかくてクリーミーな泡が気持ちよく喉ごしのいい飲み物でした。
パブは食事を楽しむというよりは、会話を楽しむ場なので、いつもスッと素通りしてしまうパブの料理だけれど、本当に美味しい。
昔そう言えばイギリスに住んでいた時にイギリスのパブの料理にハマってたことがあったなあ。
(20年以上前)あの頃は、イギリスでは他に何も美味しい食べ物がなくて、ただただパブの料理が楽しみで、それをまた家に帰ってアレンジして作ってみるのが楽しかった。

ジャズの話は、パブでも控えつつ。
でも、新しく録音したてのコペンハーゲンの音源をさりげなくお渡ししてきました!
これって宣伝ってことですか?
はい。
リリースに向け、宣伝の支度を始めました。
地道にコツコツやりますっ。
素晴らしい音源ですので本当に早く披露したいのですが・・・


2010_07_17-2

 サントリー美術館の能と狂言のチラシより、
   ここのチラシはいつもきれい。
   能衣装の刺繍は本当に美しい。特に緑色!

新刊のお知らせ『魔獣狩り外伝 新装版 』

新刊のお知らせ
『魔獣狩り外伝 新装版 』7月26日発売



魔獣狩り外伝 新装版

著者:夢枕獏
書名:『魔獣狩り外伝 新装版 聖母隠陀羅・美空曼荼羅 』
目次

聖母隠陀羅(せいぼいんだら)
 プロローグ
 1章 魔動
 2章 悪夢の館
 3章 樹と語る男
 4章 眠れる肉の森
 5章 疑惑
 6章 急転
 7章 聖母苦悶
 エピローグ

美空曼荼羅(びくうまんだら)
手長
赤眼
餓舌女(がぜつにょ)
夜叉の牙
曼荼羅の宴

あとがき(新書判より)

カバーイラスト=伊藤 勢
カバーデザイン=かとうみつひこ
奥付発行日:平成22年7月30日
発行所:祥伝社 ノン・ノベル
ISBN978-4-396-208780-3
定価=本体1300円+税

本書『魔獣狩り外伝 新装版』は、『魔獣狩り外伝(聖母隠陀羅)』と『美空曼荼羅 魔獣狩り外伝』に加筆、訂正して一冊にまとめたものです。

『魔獣狩り外伝(聖母隠陀羅)』昭和61年2月ノン・ノベル 平成7年1月祥伝社文庫。
『美空曼荼羅 魔獣狩り外伝』昭和62年1月ノン・ノベル 平成7年10月祥伝社文庫。

新刊のお知らせ『新・魔獣狩り6 魔道編』

『新・魔獣狩り6 魔道編』待望の文庫化
7月23日発売

待望の文庫化


新・魔獣狩り6 文庫

著者:夢枕獏
署名:『新・魔獣狩り6 魔道編』
目次
一章 秘事
二章 魔人空海
三章 荒人神(あらひとがみ)
四章 ケセン族
五章 邪火留(じゃっかる)
六章 約定の地
七章 金犬(かないぬ)の城
八章 東天翁
九章 東北の鬼
転章 魔群咆哮(ほうこう)
あとがき

カバーイラスト=寺田克也
カバーデザイン=中原達治

奥付発行日:平成22年7月25日
発行所:祥伝社 祥伝社文庫
ISBN978-4-396-33594-6
定価=本体638円+税

本書は平成11年4月に祥伝社ノン・ノベルより刊行された『新・魔獣狩り6 魔道編』を文庫化したものです。
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
夢枕獏の新刊