夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

2010年05月

土曜の夜 ラジオ出演

明日の夜、夢枕獏がラジオ番組に出演致します。

林家彦いち師匠と一緒なので、ギアナ高地の旅の話が聞けるかもしれません。

番組名:今夜も大入り!渋谷・極楽亭
チャンネル:ラジオ第1
放送日:2010年 5月22日(土)
放送時間:午後7:30〜午後7:55(25分)

司会:森口博子・関口泰雅
出演:林家彦いち
ゲスト:夢枕獏
                         

気づいたら、バラも白藤も・・・

2010_05_21_1

 庭の白バラ、5月の連休の後に咲き始めた。

 
とうとう終わった。

この充足感は麻薬のようなもので切れるとまた蜜の味、探してうろうろし始める。
えーっ、そんなあ。
危ないなあ。私って夜の蝶か?


昨年末から準備を始めて来たジャズピアニスト・マグナス・ヨルトの来日ライブが先日終了しました。
ライブ盤CDを出すために昨年11月に日本でインディーズレーベルを作って、それから生まれて初めての営業活動、広報活動。
苦手な文章を考え、このブログにアップし、公式ブログを作り、一人でポツネンと海外とメールを交わし。
何のためにそんなことをやって来たかと言えば・・・

ただただ彼らの生の音楽を再び聴きたいがため。
そのために、そのためだけにただひたすら動いてきたのです。

マグナス・ヨルト(スウェーデン人)、ペーター・エルド(スウェーデン人)、池長一美(日本人)のこの3人のトリオは日本発の日本でしか聴けないトリオ。
この3人の作り出す音を聴きたいがために、一人でここまでやって来ました。

「Someday. Live in Japan」のCDは実はおまけみたいなもので、本当は生のライブを何とかして多くの人に聴いていただきたいがための手段として出しました。
どんなにライブが楽しく、ワクワクと未知のもので溢れているのか。
ジャズミュージシャンが、ライブハウスという心地いい異空間の中で、観客と一体化して作り出していく音。
そしてそれは得体のしれない、とてつもなく知的で楽しいもの。
スタジオ録音されたCDのような完成品ではなく、ライブは未完成品なのです。
未完成品のままそこに出され、素晴らしいオーディエンスとの空間が作り上げる一体感で満たされていくのです。
未完成品に空気を加えて作られるのです。
そのためには素晴らしいオーディエンスに多く来場していただくことは必須。
集客のための本当に大変な何ヶ月間かでした。お客さんは誰でもいいという訳ではないのです。
まず好きなこと、それから彼らを生でぜひ聴いてみたいと思っている人たち。
これがなければ始まりません。

マグナス・ヨルトライブ。
来ていただいたお客様は楽しんでいただけましたでしょうか。
エルドの、弦を追う時の楽しそうな声、弦を弾く力強い響きを聴いていただけましたでしょうか。
ヨルトの鍵盤を駆ける指で作られる音と、スイングした時のあの歌う声を聴いていただけましたでしょうか。
池長一美の楽しそうに歌うドラミングと、シンバルの美しい響きを聴いていただけましたでしょうか。



2010_05_21_2

 ライブ前日、京都での楽しそうなワンショット。
 後ろに南座。 



獏先生も京都と新宿の2日間は聴いていただけましたよね。
最終日の吉祥寺サムタイムも、「絶対聴くのだ」と張り切っていらっしゃったのに、テレビの収録終了が遅くなり間に合わなくなったのは本当に残念でした。

今回もライブのワンポイント録音を行いましたので、(素晴らしい職人)GOTOを待ちながら、ライブ再現の音が届き、再び聴けるのが本当に楽しみです。
五島さんが言うには昨年よりDCマイクロホンは格段と進化したとか。



2月にCloudからリリースした日本発「Someday. 」
何と!デンマークの新聞の有名なCDレビューで、星4つも獲得したというニュースが一昨日入って来ました。
★★★★です。嬉しいっす。
実はこれはすごい快挙なのだそうです。
皆本当に喜んでいます。

また来年のライブにつながるかもしれません。

とにかくジャズはマイナーな音楽。
そして今世界中で大逆境にあるCD販売、ライブ。
いろいろなところでミュージシャンや音楽関係者が悲鳴をあげています。
こんな時に何も好き好んでと私も皆に言われています。
それでも、自分の信じるものを発信して行けるということが、どんなに楽しくてどんなに大きな力になるか。

ペーター・エルドも先日、音楽大学でのワークショップで、学生から質問を受けて、音楽を志す学生に向かって言っていました。
「自分がいいと思うもの、自分の信じる道を行けばいいのだ、回りが何と言おうと」
「そうすれば、他の誰のでもないただ一つの道ができるはずだ」

そうなのです。
そうなのです。
変に思われようと、親が泣こうと、自分を信じて行けば、そこには何かが生まれるはず。

ペーターいいこと言うなあ、と胸を熱くして聞いていました。

という訳です。
ライブ終了のご報告でした!
ひさしぶりにツアーから家に帰って庭を見れば、ムンクの叫び。荒れ放題。
夢のように咲き誇る(はずだった)白バラも、14年ぶりに花を咲かせた見事な(はずだった)白藤も、一年に一度の美味しい季節が過ぎてしまっていました。
あああああ。
と、一人泣く浦島タロコでありました〜。


2010_05_21_3

 浦島タロコの庭に5月初めに咲いていた白藤。
 植えてから花をつけるまでなんと14年もかかった!
 昨年「もう切るぞ」と言った途端に咲き始めた、本当に不思議な花。


「モンゴルへタイメンを釣りに」第08回

モンゴルへタイメンを釣りに 08

 空も広い。もう秋ですね。

連載情報「大江戸釣客伝」

夢枕獏は『小説現代』に「大江戸釣客伝」を連載中です。
2010年6月号には、第三十四回 巻の十八 討ち入り前夜 が掲載されています。

月刊小説現代2010年6月号

『小説現代』6月号 
直木賞作家が描く〈魅惑的な恋〉・追悼井上ひさしさん
発行:2010年6月1日
発行所:講談社
定価:940円(本体895円)

連載情報 コミック版『大帝の剣 』第一部 完

エンターブレインの月刊誌『コミックビーム』で連載のコミック版『大帝の剣 』は、2010年6月号〈天魔の章 神魔咆哮編 転章〉で、
大帝の剣 第一部 完となりました。

作画の渡海さん、構成の寺務泰司さん、編集協力の張 綜哲さん、
長期間お疲れ様でした。


ビーム10年6月号

コミックビーム 2010年6月号
発行所:エンターブレイン
発売元:角川グループパブリッシング
特別定価540円(本体562円)

※原作=夢枕獏・画=渡海(ドヘ)『大帝の剣』 コミックス1巻〜4巻 発売中!

「モンゴルへタイメンを釣りに」第07回

モンゴルへタイメンを釣りに 07-1

モンゴルへタイメンを釣りに 07-2

モンゴルへタイメンを釣りに 07-3

 小川のそばで、草刈りをする人たち。
「何をしてるの?」
「ヒツジの冬のエサだよ」

サライ+BE-PAL

サライ+BE-PAL 共同編集「3時間で楽しむ山歩き」
大特集 富士の絶景を眺める山

〈作家・夢枕獏さんと楽しむ富士の絶景と信仰の山〉として「三ツ峠山」が紹介されています。


サライ ビーパル

BE-PAL7月号増刊
発行所:小学館
発行日:2010年5月20日
定価:980円(本体933円)

連載情報「大江戸恐龍伝」

 夢枕獏は『本の窓』に「大江戸恐龍伝」を連載しています。
2010年6月号には、第七十九回 
〈二十一章 源内蓬莱宮国の由来を神女より聴きてたまがりし語(こと)
四(承前)〉
が掲載されています。

月刊本の窓2010年6月号

小学館『本の窓』6月号 特集/デジタル書籍に未来はあるのか
発行:2010年5月20日
発行所:小学館
定価:100円(本体95円)

連載情報「愚か者の杖」

徳間書店『食楽』に連載中の『釣魚漫遊「愚か者の杖」』は、
六月号から「ベネズエラ編」がスタート。

コナン・ドイルの『ロスト・ワールド』に登場する南米テーブルマウンテンのある地域に夢枕獏と仲間たちが挑戦します。

文・夢枕獏 写真・佐藤秀明『釣魚漫遊「愚か者の杖」』

食楽10年6月号

誌名:『食楽』2010年6月号
発行所:徳間書店
特別定価:860円(本体819円)

「モンゴルへタイメンを釣りに」第06回

モンゴルへタイメンを釣りに 06-1

モンゴルへタイメンを釣りに 06-2

 つかまえました。バッタです。これは釣りのいいエサになりそうです。



モンゴルへタイメンを釣りに 06-3

 カエルも、こんな草原の真ん中にいます。
プロフィール

夢枕 獏

作家、1951年1月1日、神奈川県生まれ。 東海大学文学部日本文学科卒。
1977年に作家デビュー。 以後、『キマイラ』『サイコダイバー』『闇狩り師』『餓狼伝』『大帝の剣』『陰陽師』などのシリーズ作品を発表。 1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞を受賞。2011年『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞と舟橋聖一文学賞を受賞。同作で2012年に吉川英治文学賞を受賞。
漫画化された作品では、『陰陽師』(漫画 岡野玲子)が第5回手塚治虫文化賞、『神々の山嶺』(漫画 谷口ジロー)が2001年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。 映画化された作品に『陰陽師』『陰陽師2』(東宝)、『大帝の剣』(東映)などがある。

NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ
kukai

02

夢枕獏公式サイト
蓬莱宮
陰陽師
onmyoji

大江戸恐龍伝
ooedobanner
コミック「大江戸恐龍伝」
大江戸恐龍伝
Slow Boat to Cloud
CloudBlog_banner_120-30
夢枕獏が応援するJAZZレーベルのオフィシャルブログ
























陰陽師 水龍ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋
2021-08-04











JAGAE 織田信長伝奇行
夢枕獏
祥伝社
2021-06-10











怪談えほん おめん (怪談えほん 14)
夢枕 獏
岩崎書店
2021-05-19







白鯨 MOBY-DICK