夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

2010年01月

「韓国釣りの旅」第8回

「韓国釣りの旅」第8回-1

 でけました。ヤマメの鍋です。一番大きなやつは、からあげにしてもらいました。


「韓国釣りの旅」第8回-2

 みんなで、記念撮影。


「韓国釣りの旅」第8回-3

 料理してくれたおばちゃんと一枚。


文庫化のお知らせ『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』

徳間文庫創刊30周年記念作品
若き天才、長安に現る!


文庫 沙門空海 巻ノ一 

著者:夢枕獏
書名:『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』

目次
序の巻  妖物祭
第一章  空海怪力乱神を語る
第二章  暗夜秘語
第三章  長安の春
第四章  胡玉楼
第五章  猫屋敷宇宙問答
第六章  祟り神
第七章  胡旋舞
第八章  孔雀明王
第九章  邪宗淫祠
第十章  妙適菩薩
第十一章 猫道士

鼎談「快人空海」中沢新一・宮崎信也・夢枕獏

カバー画:立原位貫
カバー書:岡本光平
カバーデザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。
発行:文徳間書店
奥付発行日:2010年2月15日
定価:本体667円+税)
ISBN978-4-19-893119-3

2004年7月に徳間書店より刊行されたものの文庫化です。

文庫化のお知らせ『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二』

徳間文庫創刊30周年記念作品
鍵は、楊貴妃の悲恋に!?


文庫 沙門空海 巻ノ二

著者:夢枕獏
書名:『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二』

目次
第十二章  宴  
第十三章  馬嵬駅  
第十四章  柳宗元
第十五章  呪俑
第十六章  晁衝
第十七章  兜率宮
第十八章  牡丹
第十九章  拝火教
第二十章  道士
第二十一章 ドゥルジ尊師 
第二十二章 安倍仲麻呂  

対談「空海の飛白体」岡本光平・夢枕獏

カバー画:立原位貫
カバー書:岡本光平
カバーデザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。
発行:文徳間書店
奥付発行日:2010年2月15日
定価:本体667円+税)
ISBN978-4-19-893120-9

2004年7月に徳間書店より刊行されたものの文庫化です。

インタビュー記事掲載のお知らせ

 発売中の「紙のプロレス」143号にインタビュー記事が掲載されました。


紙プロ143

「激論!キラー青木とは何か?」

 誌名:Kamipro 紙のプロレス
 発行:エンターブレイン
 発行日:2010年2月6日
 特別定価:(本体895円+税)

「遣唐使船再現プロジェクト」

1月22日(金)グランドプリンスホテル赤坂にて 角川文化振興財団 「遣唐使船再現プロジェクト」記者発表がおこなわれました。

映像によるプロジェクト概要紹介
主催者、実行委員登壇  
主催者挨拶 角川文化振興財団理事長 角川歴彦
実行委員会名誉会長挨拶 
実行委員 夢枕獏
中国側ゼネラルプロデューサー挨拶 チェン・カイコー
遣唐使再現計画親善大使」の紹介、映像 渡辺謙
質疑応答
フォトセッション

遣唐使船再現計画パンフ01
遣唐使船再現計画パンフ表四


 夢枕獏は実行委員だけでなく、再現された遣唐使船の名誉船長にも就任致しました。


夢枕獏&チェン・カイコー

 フォトセッションでの夢枕とチェン・カイコー監督


もうすぐ。春。

空を見上げていつも思うのは冬の空のきれいなこと。
空気が澄んでいるせいか気持ちがそのまま宇宙にまで伸びていくようです。
私の住む太平洋側はずっとこのところお天気。
乾燥した空気が私の皮膚を逆撫で鮫肌虫干し中。

が、今日からのこの雨。
不穏な空気が漂う雲、もうこれは完全に春の雲です。
いよいよ春が近づいてくるのですね。

なんだかそんな予感がばりばりします。

10_01_28


とうとういよいよCloud の新しいオフィシャルブログがスタートしました。
Slow Boat to Cloudです。

Cloudは私の作った私のマイナーレーベルですが、もはやもう私だけのものではありません。
ジャズ狂とそれほどでもない人、何人かによって動かされはじめました。
無理矢理仕組んだのはもちろん私です。今もほとんどの作業は一人でやっています。
私は管理人のようなものです。
川を守る人がRiver Keeper。
なら私はCloud Keeperだー、かっこいいのでそれだっ、と「雲守」と名前をつけて仕事をすることにしました。
本当にゆっくりとです。一年で出せるCDは一枚、二枚のペースだと思います。
少しずつ輪を広めてそれが違う輪とも重なっていく、これほどの喜びはないです。
獏先生の仕事をサポートしながらのレーベルで、普通のレーベルのようになかなかカッコよくはいきません。
ですが、最高のものを目指します。


ブログ。
すべて引っ越しをするつもりでいましたが、獏先生の暖かいお言葉により、このブログも継続させてもらうことになりました。
あちらとこちら、2重人格で生きて参ります。

あちらではジャズのことだけしゃべります。余計なことはしゃべりません。

安心して、もしよろしければCloud を見に来て下さいませ。
ほとんどミュージシャン「MとPとK」のことばかりだと思います。今のところ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

yy拝


Slow Boat to Cloud
http://slowboattocloud.blogspot.com/


「韓国釣りの旅」第7回

韓国釣りの旅07-1

 運転手のキムさんは、おいしいおいしいと、半分以上をひとりでぺろりです。


韓国釣りの旅07-2

 魚屋のヤマメは93パーセントが養殖で、天然のものはうまいなあと、キムさんは言っておりました。


韓国釣りの旅07-3

 通訳のユンさんです。


連載情報「宿神」

「一冊の本」2010年2月号に、
夢枕獏「宿神」 第二十二回 
【巻の九 幼帝呪殺】 【巻の十 乱勃発】が、
掲載されています。


一冊の本10年2月号

 朝日新聞出版『一冊の本』2月号
 発行:2010年2月1日
 発行所:朝日新聞出版
 定価:100円(本体95円)

『言葉ふる森』へと歩いてみる

音楽を聴くという行為は、森を歩くようなものである。
その音楽がいい音楽であればあるほど、その森は深く豊穣で美しい。
ジャズやクラッシックにはその森が存在する。

ポップスやロックは、それとは少し違う平原で動いている。
その音を聴いた時に抱いていた思い出のようなもの、それが体にガラス板のように焼き付いていてなかなか剥がれない。
いわゆるサビの部分で心が止まってしまう。
サビに酔って平原を彷徨う自分がいるのだ。

サビ以外の部分を楽しむ音楽。

音楽の深い楽しみを心の奥底で何度も何度も掘り続けることができる音楽。
それがクラッシックとジャズのおもしろいところだと思う。


10_01_27-2

コペンハーゲンにて、図書館の窓。


山と渓谷社から『言葉ふる森』という本が出ました。
作家29人による「山」のエッセイ紀行30編。
山がテーマなので、山への憧憬が深い作家の文章が揃っています。ということは、自然に私の好きな文章、作家ばかりが揃う訳です。
山はおもしろいです。
日本の山はたいがい「下はボーボー、上はつるつる」なので、山に登るときは森を歩くことから始まります。
森を歩く。
景色もあまり楽しめず単純で、山登りにはつまらないと言えばつまらない行程です。
でも頂上を極めるためには必要不可欠な行程です。

このエッセイ紀行集に収められた文章は、『山と渓谷』誌の依頼による作家の原稿集です。
各々の作家がその依頼にどう応えて山への想いを綴ったのか、その視点に立って読んでみるのもなかなかおもしろいものです。

その『言葉ふる森』の中に獏先生の文章も入っています。
たくさんの素晴らしい山の文章の中で、私が一番好きだったのは、やはりこの獏先生の文章でしょうか。(よいしょですか?これ)
獏先生の文章。それは、「ヒューーー、ポタラ」。
なんじゃ、それは。
獏先生ってやっぱりこっち系ですか?
この、一度ツボにはまったらトコトンお腹の皮がよじれてしまいそうになるくらい可笑しな文章と少しせつない内容は単純にして名文、お年を召されてきた獏先生ならではの一篇。
『言葉ふる森』山と渓谷社刊、1500円。どこにでも持って歩けるくらいの軽さの本ですが、その中には29人の作家の、山に対する30のエッセンスがぎっしり詰まっています。



10_01_27-3

 『言葉ふる森』山と渓谷社

サビ以外の部分、それは小説にもあります。
ダレ場と言われる部分です。
でも、そのダレ場をどうやって凌ぐか、それが作家としての大きな課題にもなって来るそうです。
「面白くてワクワクする仕事」の外にあるもの。
ライターにも、そしてジャズの演奏家にもそれはあります。
仕事としてやって行く時に、避けては通れない、あまりおもしろくない道です。

そのサビ以外の部分。
本を読み解く本当のおもしろさも。
音楽を聴く本当のおもしろさも。
意外にもそこにあったりするのです。


ダレ場・・・ 演劇や講談などで客が飽きてしまうような場面のこと。


10_01_27-1

 物語の多い伊吹山はなぜか大好きな山、
  新幹線に乗るといつも窓にぴったり張り付いてこの山を見ている私
   まるで子供状態。 
    もし私がおばあちゃんになって孫と新幹線に乗った時、
     孫を押しのけて見るのだろうか。 

「韓国釣りの旅」第6回

韓国釣りの旅06-1

韓国釣りの旅06-2

 ヤマメの刺身。
川魚の刺身はムシがいるかもしれないので食べない方がいいのですが、
食べちゃいました。

プロフィール
NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ