harima_cover


編:播磨学研究所『はりま陰陽師紀行』が復刊ドットコムより!

編:播磨学研究所
<内容>
夢枕 獏/日本人と陰陽師
沖浦和光/播磨・広峯信仰をめぐって
田中久夫/播磨と陰陽師
田中貴子/安倍晴明 イメージの変遷
酒向伸行/憑霊信仰と陰陽師
木場明志/陰陽師とこよみ(暦)
林 淳/江戸時代の陰陽師
沖浦和光/陰陽師の実像をさぐる
はりま陰陽遺跡案内―旭堂南海
文芸・芸能史からみた安倍晴明―田下明光
暮らしの中の陰陽道・道教―田下明光

四六判 並製/256頁予定
定価2,200円(税別)
2021年8月発売予定
ジャンル:専門書
ISBN978-4-8354-5818-2

復刊希望投票500票超え!
今も残る陰陽師、安倍晴明・蘆屋道満の足跡をたどる名著が、待望の復刊決定!!

本書は2005年に開講された播磨学講座「陰陽師のふるさと播磨」をもとに構成されたものであり、夢枕獏をはじめとする講師8名の執筆による。
播磨には陰陽道が伝承されているが、多くの陰陽師の中でも安倍晴明と蘆屋道満は、小説・能・歌舞伎・映画・漫画等々、扱われる作品は枚挙にいとまがない。

今回500票を超える熱い復刊希望投票にお応えして、カバーデザインを一新しての復刊が決定!
カバーイラストはイラストレーター・漫画家として活躍の古海鐘一氏の描き下ろしです。
あなたを陰陽道の世界へ誘う1冊!

※本書は、2006年・神戸新聞総合出版センター刊『はりま陰陽師紀行』を新装復刊するものです。