文春文庫 K

画:山本容子/ブックデザイン:十河岳男

この本の著者の正体はいったい誰だ?単行本の刊行当時、話題になった短篇集!

著者:九 星鳴(いちじく せいめい)/夢枕 獏
書名:K体掌説

まえがき 夢枕 獏
目次:

Kの一 一杯の酒を飲みながら月を待つというのは
    かなり贅沢なのではないかという物語。
落ちる首
月を見る猿
新体字
宵待月
月遊戯
月盗人
桜霊譚
最終バス
台詞
携帯電話三原則
タイムマシンの掟その1
タイムマシンの掟その2
台詞の2
眠る獅子

Kの二 蜘蛛の糸が美しくあやういのは
   その儚い細さにあるのではないかという物語。
蜘蛛の糸
告知
飛天
あのひと
恋ぞあやしき
古い箪笥
汚物論


星番
おかあさんたいへん
おかあさんまたたいへん
おかあさんまたまたたいへん
おかあさんまたまたまたたいへん
果実
幽霊テレビ

Kの三 なんだか嬉しい朝顔の咲いた朝。
    毎朝一度の恋。
    毎日一輪ずつの神サマからの
    プレゼントである物語。
朝顔少女
雨傘爺さん
訓戒
禁忌
記憶から
嬉しそうに嗤う盲人
神談義

物語
仰向けに這う武士
名人
月弟子
先輩

伝言
観客
びりっけつ天使
九州のおばあちゃん
待つ人

Kの四 観覧車は春の乗り物である。
    かなしみとともに昇ってゆき
    去ってゆく夢とともにおりてくる物語。

観覧車
うちの猫
もうひとつうちの猫
またうちの猫
またまたうちの猫
古代神の裔
はなはだ奇態なる八つの入試問題
言わずの村

走る獣
窓の女
神の贄
夜の魔物
渾沌王
瞬きをしない女
猫戦記
透明人間受難歴
月食


解説 嵐山光三郎

発行所:文藝春秋
発行日:2017年6月10日 第1刷
定価:600円+税
ISBN978-4-16-790861-4

単行本 2014年11月 文藝春秋 刊
初出:『オール讀物』(2009年・2010年・2011年・2014年)