サイコダイバー・シリーズなどの長篇小説中心の作家となった夢枕獏が、デビュー直後に置いてきたショートショートや短篇のような作品を再び創り出すために試みたのが、夢枕獏=謎の新人作家 九星鳴(いちじく せいめい)として作品を発表することでした。

K体掌説 オビ


『K体掌説』文藝春秋より発売中です。