きままに音楽会01

きままに音楽会02

初夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、昨年(2012年)は、日中国交正常化40周年でした。
 『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す』の作者である夢枕獏は、その記念事業として立案されたスーパーオペラ「遣唐使」中国上演プロジェクトに参加いたしました。
 このプロジェクトは、原作・台本(歌詞も)を夢枕獏が、作曲は松下功氏(東京芸術大学教授)、演出の方も、芸術監督も決まっており、豪華な顔ぶれによるオペラで、2012年の秋に、中華人民共和国の西安と北京で上演予定でした。
 ところが、いわゆる尖閣問題が日中間の様々な文化事業への障害になってしまい、遣隋使・遣唐使の時代から1300年の時を超えて、日中の絆を深めるはずだった本プロジェクトも残念ながら中止になってしまいました。
 
 この度、松下功氏のご尽力で「きままに音楽会2013 夢枕獏と音の世界」において、全世界で初めてオペラ《遣唐使・長安悲恋》の代表的な楽曲を聴いていただけることになりました。
 また、夢枕獏の作品世界から着想した楽曲、夢枕獏による語りもございます。

「きままに音楽会2013 夢枕獏と音の世界」概要
日時:2013年8月7日(水)18時開場 19時開演
会場:すみだトリフォニー小ホール 東京都墨田区錦糸1-2-3
http://www.triphony.com/index.php
   
入場料:3000円(全席自由) 

チケット・お問い合わせ:
東京藝術大学音楽学部同声会東京支部 03-3822-7464/tokyo@doseikai.jp
きままに音楽会2013  kimama.music@gmail.com

「きままに音楽会2013 夢枕獏と音の世界」全曲世界初演

スペシャルゲスト 夢枕獏(語り)

松下 功 オペラ《遣唐使・長安悲恋》より
アリア「哀しき牡丹」(楊貴妃)
アリア「もしもあの時」(鈴鈴)
アリア「酔うたら王様」(李白) 
三重唱「花の容貌(かんばせ)」
夢枕獏「遣唐使・長安悲恋」(書き下ろし)より

ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、語り、
フルート、バスーン、パーカッション、
ピアノ、ヴァイオリン、チェロ


林 銀荷 Entropy バスーン、チェロ
夢枕獏『瑠璃の方船』(文春文庫)から 

森田佳代子 《蒼黒いけもの》 ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、ピアノ

鈴木晶子《玄象》フルート、ヴァイオリン、チェロ、ギター
夢枕獏『陰陽師』(文春文庫)「玄象」

西田直嗣《3っのけものの歌》ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、ピアノ
岩村賢治詩集『蒼黒い獣』(朝日ソノラマ)より「欲望」「ひとを抱く」「女郎花」

藤田典子《上弦の月を喰べる獅子》ヴァイオリン、パーカッション
夢枕獏『上弦の月を喰べる獅子』(ハヤカワ文庫)より