中国杭州紀行 第37回

 ぼくの後ろに見えているのが、前回の橋です。
 だんだんと陽が暮れてゆきます。