今年の大事件
          夢枕獏


一.六年かかって『宿神』完成。
  これは、西行を主人公にした物語で、平清盛が、サブ主人公として出て  きます。
  西行は、平安時代という巨大な桜が散るのを見届けさせるために、天が  地上につかわした人物であります。


二.『大江戸釣客伝』で、吉川英治文学賞を受賞。これは、泉鏡花文学賞、   舟橋聖一文学賞に続いて、三つ目の受賞になりました。


三.この秋、四国にて、鮎のエサ釣りで、四百尾を釣りました。なかなかで  きることでではありませんぜ。


四.小説の方では、久しぶりにSFを書きました。テーマは人形師の出てく  るファンタジーでありますが、ロジックをきちんとしてありますので、  そこがSFというわけなのであります。
  二〇一三年二月に、角川書店から出る日本SF作家クラブ五〇周年の書  き下ろし短篇集に収録される予定です。
  タイトルは「陰態(いんたい)の家」。


五.久びさに、白髪五人男―野田さん、辰野さん、藤門さん、佐藤さんと私  と集まって、四万十川を下りました。


六.長岡の花火大会。
  すごい規模の花火でした。
  感動。


七.前から行きたかった青ヶ島で釣りをいたしました。


八.オペラの台本を書きました。西安、北京で上演の予定でしたが、尖閣の  問題で中止に。


九.『陰陽師』25周年で、ムック本も出しました。


十.今年、まだ数日残っているため、とっておきます。


 来年もよろしく。