「ピラニアなんて、いやになるほど釣れるから―」
そう言って、彦いち師匠を誘ったのだが、なかなか釣れなかった。
失われた世界へ46-1

しかし、この日、ついに師匠はピラニアを一尾、釣り上げたのである。見よ、このガッツポーズを。

失われた世界へ46-2

帰りはゆっくり日が暮れてゆきました。

★★ 夢枕獏写真日記「失われた世界へ」は、会員制HP蓬莱宮で連載したものをブログ酔魚亭用に再編集したものです ★★