『東天の獅子』、どんどん長くなって、再び、カンヅメです。

東天の獅子_2-1

東天の獅子_2-2


今度は神楽坂の旅館です。ここで一二〇枚、書きました。
 ほとんど二日で書きあげましたよ。