博雅の名笛「葉二」が、消えた。代わりに枕元に落ちていたのは、黄金の粒。はたして「葉二」はいずこへ…。
「龍神祭」「月琴姫(げっきんひめ)」など全九話を収録。
 晴明と博雅が都の怪事件を解決する「陰陽師」三年ぶりの短篇集。
 35周年を迎えた文春文庫から発売されます。


陰陽師 夜行杯ノ巻 文春文庫

 
著者:夢枕獏
書名:陰陽師 夜光杯ノ巻
目次:

月琴姫
花占いの女
龍神祭
月突法師
無呪
蚓喰法師
食客下郎
魔鬼物小僧
浄蔵恋始末
あとがき

装画:村上豊
カバーデザイン:中川真吾

発行所:文藝春秋
奥付発行日:2009年12月10日
定価:本体552円+税
ISBN978-4-16-752820-1

この作品『陰陽師 夜光杯ノ巻』は、文藝春秋から二〇〇七年六月に単行本として刊行されたものです。