夢枕獏公式Blog「酔魚亭」

酔魚亭Blogは「夢枕獏 関連情報」「夢枕獏 写真日記」「夢枕獏 新刊情報」「夢枕獏 小説関連」「夢枕獏 マンガ/映画/その他」 の五つカテゴリで構成されています。
※「夢枕獏 写真日記」は、会員制HP蓬莱宮内で連載している「夢枕獏 写真日記」の抜粋です。

文春文庫 新刊 6月10日

文春文庫 K

画:山本容子/ブックデザイン:十河岳男

この本の著者の正体はいったい誰だ?単行本の刊行当時、話題になった短篇集!

著者:九 星鳴(いちじく せいめい)/夢枕 獏
書名:K体掌説

まえがき 夢枕 獏
目次:

Kの一 一杯の酒を飲みながら月を待つというのは
    かなり贅沢なのではないかという物語。
落ちる首
月を見る猿
新体字
宵待月
月遊戯
月盗人
桜霊譚
最終バス
台詞
携帯電話三原則
タイムマシンの掟その1
タイムマシンの掟その2
台詞の2
眠る獅子

Kの二 蜘蛛の糸が美しくあやういのは
   その儚い細さにあるのではないかという物語。
蜘蛛の糸
告知
飛天
あのひと
恋ぞあやしき
古い箪笥
汚物論


星番
おかあさんたいへん
おかあさんまたたいへん
おかあさんまたまたたいへん
おかあさんまたまたまたたいへん
果実
幽霊テレビ

Kの三 なんだか嬉しい朝顔の咲いた朝。
    毎朝一度の恋。
    毎日一輪ずつの神サマからの
    プレゼントである物語。
朝顔少女
雨傘爺さん
訓戒
禁忌
記憶から
嬉しそうに嗤う盲人
神談義

物語
仰向けに這う武士
名人
月弟子
先輩

伝言
観客
びりっけつ天使
九州のおばあちゃん
待つ人

Kの四 観覧車は春の乗り物である。
    かなしみとともに昇ってゆき
    去ってゆく夢とともにおりてくる物語。

観覧車
うちの猫
もうひとつうちの猫
またうちの猫
またまたうちの猫
古代神の裔
はなはだ奇態なる八つの入試問題
言わずの村

走る獣
窓の女
神の贄
夜の魔物
渾沌王
瞬きをしない女
猫戦記
透明人間受難歴
月食


解説 嵐山光三郎

発行所:文藝春秋
発行日:2017年6月10日 第1刷
定価:600円+税
ISBN978-4-16-790861-4

単行本 2014年11月 文藝春秋 刊
初出:『オール讀物』(2009年・2010年・2011年・2014年)

開催迫る!

開催迫る!「夢枕 獏 ヒマラヤを語る」入場無料 
日時:5月28日(日)午後1時開場 1時30分開演 
場所:大崎ブライトコアホール(品川区北品川5-5-15)
お申し込みは「ナンダ・コート初登頂80周年記念プロジェクト」へメールで
nanda@mainichieiga.co.jp

1936年(昭和11年)、ヒマラヤの未踏峰ナンダ・コートを目指したのは、
日本初のヒマラヤ遠征隊「立教大学山岳部」だった。
初登頂遠征隊に加わった大阪毎日新聞社特派員撮影のドキュメンタリー映画「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コート征服」を上映します。
立教大学山岳部特注テントの展示。
書籍販売・夢枕獏サイン会を予定。

お申し込みは「毎日映画社 ナンダ・コート初登頂80周年記念事業事務局」へ、
メールアドレス:nanda@mainichieiga.co.jp

このイベントへのお問い合わせは、
電話:03-3518-4112「毎日映画社 ナンダ・コート初登頂80周年記念事業事務局」

会場:大崎ブライトコアホール
http://osaki-hall.jp/access/

アクセス:
大崎駅「南口改札」を出て左手「新東口」方面にまっすぐ一本道です。
(途中地上に降りて目黒川を渡ります)
JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン「大崎」駅より徒歩5分
りんかい線「大崎」駅より徒歩5分
※JR山手線_渋谷方面よりお越しの方は、進行方向『前側』の車両にお乗り下さい。
※JR山手線_東京方面よりお越しの方は、進行方向『後側』の車両にお乗り下さい。
プロフィール
NEW 新着書き込み
日記アーカイブ
記事検索
モバイル版ブログ
QRコード
過去BBSアーカイブ